【塊根】今年もやります、グラキリス発根チャレンジ。

【塊根】今年もやります、グラキリス発根チャレンジ。

今年はパキプスを狙っていて、その他の塊根植物は金銭的に諦めようと思っていました。

が、狙っていた展示会の抽選に落ちたので我慢ができなくなり、買ってしまいました。
グラキリスのベアルート株です。


開封の儀

新聞紙がみっちり敷き詰められています。

丁寧な梱包、ありがとうございます。枝(?)の部分までしっかりと新聞紙で包まれています。

もう1株のしっかりしています。大変助かる。


下処理

まずは根の部分を少し切り詰めて、状態確認します。

2株とも腐りは無さそう。
ちなみにこの時に株のお腹部分を軽く押して硬さも確認しておきます。柔らかいのはおそらく中が腐っているか、水分不足に陥ってます。
また、この黄色い部分は硫黄です。現地で消毒するために使われているらしい。特別気にしてないんですが、硫黄臭がするので洗い流してます。
ちなみに切るハサミはライターで炙って熱殺菌しています。

続いて消毒液を使用。

ベンルートを直塗りしています。発根管理は初心者ですが、この方が自分的に成功率が高いので…。普通は希釈するらしいです。

あとはオキシベロンに漬けて24時間、暗所で放置します。


植え付け

あとは植え付けを行います。

今回はベストソイルミックスの普通の砂と、挿し木用の砂の2種類で実験してみます。

こちらは普通のベストソイルミックス。

こちらは挿し木用のベストソイルミックス。砂粒の粗さが違います。


これで今年の夏は発根管理にチャレンジしてみよと思います。ちなみに管理方法は3段ラックの2段目で屋外で土が乾いたらザバっと水やりのみです。

以下、使用したもの。

ジップロックコンテナの下の部分はオキシベロンに漬けるのに最適です。