仕事用の鞄をどうするか、という話

仕事用の鞄をどうするか、という話

仕事用の鞄を探しているのですが、種類・素材ともに数が多すぎて迷いに迷って迷宮入りしそうなので、ブログに書いて思考を整理しようという試み。


現状の鞄と使用上のデメリット

現状使っているのが、

  • 普段使いの3WAYバックパック(45L)
  • 旅行用のスーツケース(おそらく26L、ドンキで買った安物)
  • 無印のサコッシュ(タバコと携帯を入れたらパンパン。戦力外。)

これらを駆使して4泊5日の出張まで耐えることが可能になっています。

45Lの鞄は憧れのBRIEFING ( ブリーフィング) で「JET TRIP 3WAY」というやつです(現在オフィシャルサイトに載ってないので生産中止?)。これだけで2泊3日はいけるので重宝してます。

デメリットは言わずもがな

デカい。

重い。

細かいところをあげればキリがないんですが(外ポケットがない等)これが最重要。
無精者なもので毎回鞄の中身を変更するのが面倒なので、トラベルセット(歯磨き、化粧水など)は入れっぱなし。銀行通帳なども入れっぱなし。PCも、各種充電器も…となると必然的に通常時が重い。

さらにそこから着替えなどを詰めるとまぁまぁな重さになる。

そこで導入を考えているのがPCとノートぐらいを入れることができる「トートバッグ」か「小さいビジネスバッグ」。これを常用して上記のバックパックかスーツケース(いつかこれもBRIEFINGかRIMOWAに変えたい)を状況で使い分ける案で考えていこうと思う。


トートorビジネスバッグ

となると手持ちで軽い運用ができた方がよさそう。

こういうタイプか、

こういったタイプ。

トートとビジネスバッグの違いについて調べてみたんですが、

  • カジュアル寄りかビジネス寄りか

だけらしいです。でもそこは素材でカバー出来そうな気がします。

僕の背中にはすでに「JET TRIP 3WAY」がありますので、

  • 背中に背負う機能(3WAY)は無し。
  • 片手で持つから軽い方が良い。
  • 中身に入れるのはPC、各種充電器、ドリンク、財布

まだ判断材料が少ないです。

そこでインスタで調べて見ました。

かなりカジュアル!でもこのモデルなら普段使いも出来そう。

おしゃれすぎますが、こういったトートタイプに気持ちが近づいてきました。

そう考えると、最近のビジネスバッグは謎に2WAY、3WAY構造が基本になってきています。効率的にも機能的にも良いんですが、僕にはすでに「JET TRIP 3WAY」があるので、そこまでいらない機能なのかと思ってきました。


まとめ

全然まとまってないんですが、気持ち的には(BRIEFINGの)トートに近づいていってます。
なんにせよ、何を買おうか悩んでる時が一番楽しいですよね。

あとは重さとか、質感が見たいので実店舗で決めてしまおうかと思います。

やっぱりBRIEFINGかっこいいなぁ(高いけど)

※これはブリーフィングの宣伝記事じゃないので、勘違いしないでください。あくまで鞄を何にするか考える記事です。